世界をかけめぐる。

旅行記を中心に旅や本に関することをつづっています。

ベトナムのローカルな生活

ベトナムのハノイから車で約50分走ったところにあるタイグエンという街があります。

タイグエンというローカルな街に2週間滞在した印象を書きたいと思います。

ベトナムの知られざるローカルな生活をご紹介

住宅

ベトナムの家はこんな感じです。

f:id:anbiri:20190223122151j:plain

ここが居間って感じですね。
ここでご飯を食べたり、テレビを見たりします。

基本的に玄関は寝る時以外は開放していて、近所の人や友達、親戚がふらっとあらわれて勝手に入ってきます。

で、ソファ(?)に座って談笑みたいな感じ。ベトナム人はおしゃべり大好き。これには文化の違いを感じました。

ちなみにソファはめっちゃ固いです。玄関がずっと開いているので、寒いときはガクブルです・・・。ほんとに寒い日は閉めてましたけどね。

こちらが家の外観やまわりです。どこの家にも立派な門がついています。

f:id:anbiri:20190223123003j:plain
f:id:anbiri:20190223123203j:plain
f:id:anbiri:20190223123040j:plain
f:id:anbiri:20190223123125j:plain

こちらがベトナムの会社。

椅子や車の部品などいろいろなものをつくってるようです。かなり広い!

f:id:anbiri:20190223185808j:plain


天気、気候

f:id:anbiri:20190223185717j:plain

ベトナムは基本的に天気が悪いです。僕の嫁さんも言ってました。「ベトナムは天気が悪い」と。

12月に1週間、2月に1週間滞在しましたが、晴れたのは1日か2日くらいです。あとはくもりか雨。気温は日本より暖かいです。

2月でも20℃を超える日があって半そで半ズボンでした。

食事

f:id:anbiri:20190228215530j:plain

食事はまずくはないけど、うまくもないって感じでしょうか。

ただ、あげ春巻きはおいしかったです!

それからベトナムのポピュラーな料理といえば、フォー!

f:id:anbiri:20190228214421j:plain

フォーはベトナムに来たらぜひ食べておくべきですよ。フォーのお店はそこらじゅうにあります。

フォーは鶏肉と牛肉があるので、お好みで。

f:id:anbiri:20190302202430j:plain

写真はフォーのお店。時刻はなんと朝の5時半!
ベトナム人の朝は早いです。

こんな朝早くからやってます。

ちなみに夜は11時過ぎまでやっているところもあります。ベトナムで食べるものに困ったらフォーですね。

f:id:anbiri:20190302232842j:plain

こちらはベトナム版の鍋。

そこそこでした。具材は日本とほぼ同じ。
タレとかはなく、塩コショウみたいなものに具材をつけて食べるって感じでした。

f:id:anbiri:20190302233144j:plain

こちらはベトナム版の焼き肉。

これは結構おいしかったかな。これはお店に行って食べました。

バイキング形式で自分で好きな肉や野菜をとりに行って焼いて食べます。これは日本とそれほど変わらないですね。

しかし、焼き肉が終わったあとは鍋になります。締めの鍋です。もうお腹いっぱいでした。

ちなみにベトナムの飲食店は水はでてこないので、自分で何かしらの飲み物を頼みます。

交通

f:id:anbiri:20190302231330j:plain

ベトナムの交通事情はとてもデンジャラスです!

うるさい!怖い!危ない!

高速道路をノーヘルでバイク乗って片手でスマホを持って電話しながら運転してるんですよ?三人乗りしてる人もいるし、飲酒運転上等。日本なら即逮捕です。

車に乗っていると後ろから近づいてるってことを知らせるためにクラクションを鳴らすんでが、鬼クラクションです。

まあ、うるさい。信号なんてあってないようなもので、交通ルールもあってないようなもの。

f:id:anbiri:20190302234752j:plain

とにかくバイクが多いですね。

しかし、最近ではベトナムも経済発展し、お金持ちが多くなってきたようで、車に乗る人も多くなってきているようです。

嫁さんの実家は車はなく、バイクだけです。ちょっと遠出をするときはタクシーを使いました。

ちなみにベトナムは左ハンドルの右走行です。

ベトナムの魅力

f:id:anbiri:20190303001541j:plain

ベトナムの魅力をあげるとしたらこんな感じでしょうか。

・親切
・パワフル
・いい意味で適当
・陽気
・物価安い

経済成長著しいベトナムではみんなパワフルです。

そんな中でも日本人が忘れてしまった他人を思いやるという気持ちがとても強いです。

日本のように神経質な国民性はないようでみんな適当なのでそこがおもしろく、ノンストレスで過ごせました。

とても魅力あふれるベトナム。一度、訪れてみてはいかがでしょうか。