世界をかけめぐる。

旅行記を中心に旅や本に関することをつづっています。

僕が一人旅に行こうと思ったきっかけにはある出会いがある。その2

僕が海外に一人で行ってみようと思ったのはある本がきっかけ

その本は2冊ある。

まず1冊目はひすいこたろう氏著「あした死ぬかもよ?」だ。

この本は27の質問で構成されており、自分の人生を考えなおすきっかけにもなる本である。

 

・どんな制限を自分にかけているだろうか?

・あなたにとって理想の人生とはなんでしょう?

・「いつかやる」。あなたの「いつか」はいつですか?

・死ぬ前にやりたいことリスト10は?

・なんのために、この命を使いたい?

 

こんな感じの質問でこの本は進んでいく。

 

 

90年の人生を振り返って唯一後悔していることってなんですか?

こんな質問がアメリカで90歳以上の老人にされたらしい。

それに対し、なんと90%以上が同じ答えだったという。

それは・・・

 

「もっと冒険しておけばよかった」

 

とても感慨にふける内容だと思った。

冒険、と一口にいってもいろいろな種類がある。

大きなリスクがありながらもチャレンジする、知らない国や土地に行ってみる、まだ誰もやったことがないことにチャレンジする、など。

 

そう、冒険をしないと人生っておもしろくない。

僕はまだ30年くらいしか生きてないけど、それはひしひしと感じる。

やっぱりリスクがありながらもどんどん挑戦していく人ってとても魅力的だし、実際、成功している人ってそういう人だ。

 

成功も失敗もない無難で安定した人生も、それはそれでいいかもしれないけれど、やっぱりそれだとつまらないかな。

だから僕は海外に一人で行ってみようと思った。

誰も頼る人がいない、右も左も分からない、言葉も通じるか分からない。

ちょっと怖いな、と思ったけれど、冒険することに決めた。

なかには「そんなのちっとも怖くねーよ」なんて思う人もいるかもしれないけれど。

僕にとっては冒険だ。

経験したことのない未知の世界に飛び込むのも立派な冒険だから。

 

人生を見つめなおしてみよう

冒頭でも書いたが、「あした死ぬかもよ?」は人生を見つめなおしてくれる本だ。

僕らはいつか死ぬ。

どこで死ぬのか、いつ死ぬのか、どうやって死ぬのか分からない。

死ぬのはいつも他人ばかり。自分は死なないなんて思ってはいけない。

たまには「死」を意識して、人生を見つめなおしてはどうだろうか?

本当にこのままでいいのか?今、死んで後悔はないのか?

やりたいことは?やっておきたいことは?

 

この本を読んだあとはきっとこう思うはず。

 

どんどん冒険しよう!

 

スリルを楽しむってことさ・・・本当のスリルをな。

怖いのは死ぬことじゃなくて、退屈なこと。

                       by   ルパン3世

 

 2冊目は緩和医療医である大津秀一氏著の「死ぬときに後悔すること25」だ。

1000人の死を見届けたという著者が代表的な悩みを25例紹介しており、健康、心理、人間といった様々な後悔が取り上げられている。

 

・健康を大切にしなかったこと

・自分のやりたいことをやらなかったこと

・他人に優しくしなかったこと

・記憶に残る恋愛をしなかったこと

・夢をかなえられなかったこと

 

こんな後悔を人は死に直面してするという。

 

 

 行きたい場所に旅行しなかったこと

25ある後悔のうちのひとつ。

旅行はできるうちにしておくほうがいいのだそうだ。

行きたい場所にはどんどん行ったほうがいい、と。

 

病んでからの旅行はそんなに簡単ではないのだという。

体力的な問題もあるそうだが、気分的に病んでいる場合もあり、十分に旅行を楽しむことができない。また、医療品を使用する場合は様々な手続きが必要になるから旅行するのも容易ではないのだそうだ。

 

あの時行っとけばよかったーなんて言いたくないね

「あした死ぬかもよ?」でもふれたけれど、僕らはいつ死ぬか分からない。

そんなときになって「ああ、行っときゃよかったなー」なんて後悔しても遅い。

病院のベッドで横になって後悔しても遅い。

だから行けるうちに行っとく。

 

生きているうちに。

脚が動くうちに。

健康なうちに。

ボケないうちに。

死なないうちに。

 

お金がないとか、時間がないとか、そんなのクソくらえって話さ。

お金が貯まったら、時間ができたら、自由ができたら、そんなことを言っている間に時間はどんどん過ぎていく。

いっしょに行く人がいないなら一人でいっちゃえばいい。

1人でどんどん旅しちゃえばいい。

誰かを待ってたら老いぼれちゃうよ。

そんで死んじゃうよ。

 

 

 

この本も「あした死ぬかもよ?」同様、人生を見つめなおさせてくれる本だ。

「死」は暗い響きをもつが、「死」を考えることはとても有意義だと思う。

なぜなら「死」は人生の完結であるから。

その完結に向かって、僕らは自分のストーリーを考えていく必要がある。

 

どんなストーリーになるかは自分次第。

高視聴率をとれるようなおもしろいドラマになるのか、低視聴率のクソつまらないドラマになるのか。

自分の人生を映画にしたらおもしろ!っていう作品になるだろうか。

 

ちょっと話がそれてしまったけれど、ようは冒険しようぜ!ってこと!

未知の世界へ飛び出そうぜってこと!

どうせいつかは死ぬんだから。

 

旅は楽しい。

 

人生を楽しむコツは、どれだけバカなことを考えられるかなんだ。

                       by   ルパン3世

 

 

anbiri.hatenablog.com