世界をかけめぐる。

旅行記を中心に旅や本に関することをつづっています。

一生に一度は見ておきたい!絶景のグランドサークル

一生に一度は見ておきたい僕が行った絶景のグランドサークルを紹介。

グランドサークルとは?

グランドサークルアメリカのユタ州アリゾナ州を中心に大型の国立公園が集中しているエリアの呼称。

パウエル湖という巨大な人造湖を中心にその半径約230km圏内に国立公園や州立公園が40以上点在しており、大自然の宝庫といわれています。

今回はその中から、ホースシュー・ベンド、アンテロープ・キャニオン、モニュメント・バレー、グランド・キャニオンセドナをご紹介!

 

1.ホースシュー・ベンド

コロラド川が蛇行する場所が馬の蹄鉄の形に似ていることからこの名がついたとのこと。コロラド川に削られ馬蹄型に湾曲した断崖が見渡せる。
 

ホースシュー・ベンドは駐車場から約15分間砂漠を歩いていきます。

f:id:anbiri:20180714172633j:plain

f:id:anbiri:20180714172922j:plain

ただただこの砂漠の中を下っていきます。

しかし、その15分後には絶景が待ってます!

f:id:anbiri:20180714173956j:plain

f:id:anbiri:20180714173917j:plain

f:id:anbiri:20180714174129j:plain

f:id:anbiri:20180717215638j:plain

 

確かに馬蹄のような形をしていますね。

ここには安全柵なんてものはありません。遮るものなんてありません。

広大な大自然が目の前に。

あるがままの光景が見渡せます!

が、一歩踏み外せばジ・エンド。

足元には要注意。お気を付けを。

 

 

2.アンテロープ・キャニオン

ナバホ族居留地にある砂岩が侵食されてできた洞窟のような空間。ロッキー山脈が隆起した際につくられたコロラド台地をモンスーン期の雨水などが削りとった驚異の光景。
 

まずアンテロープ・キャニオンに向かうには砂漠を横断していかなければなりません。そのために10人ほどが乗れる専用のジープに乗っていきます。

このジープがアトラクションみたいで楽しい!

砂漠を走っていくので、ガッタンガッタンと揺れるんです。というか、飛んでるじゃないかっていうくらいはねたりします。

あまりにも揺れるので、スマートフォンを落としそうで写真がとれませんでした・・・

で、約10分くらいでアンテロープ・キャニオンの入口に到着。

f:id:anbiri:20180712193638j:plain

 

ここからネイティブアメリカンナバホ族のガイドについていきます。
こちらがアンテロープ・キャニオン。
 
 f:id:anbiri:20180714005936j:plain

f:id:anbiri:20180714010016j:plain

f:id:anbiri:20180714234309j:plain

 f:id:anbiri:20180714010507j:plain

 中は結構、せまく洞窟のような感じ。

大自然がつくりだした岩のウェーブの模様が美しいですね。

おすすめの写真スポットがいくつかあり、ガイドの人が「ここですよ」みたいな感じで教えてくれます。

カメラを渡せばベテランの技術で美しく撮ってくれたりもします。

 

 

3.モニュメント・バレー

アメリカ最大の部族であるナバホ族居留地にある公園。約6221㎢の敷地にビュートといわれる残丘、メサといわれるテーブル型の台地が点在。「バック・トゥ・ザ・フューチャー」「フォレスト・ガンプ」「2001年宇宙の旅」など多くの映画やCMのロケ地として使われている。
 

モニュメント・バレーを見に行くには車(バス)でいきます。

いくつかの見学スポットがあり、車から降りては歩いて見に行くという感じでした。現地の人の工芸品が各地で売ってます。

こちらがモニュメント・バレー。

 

f:id:anbiri:20180721201226j:plain

f:id:anbiri:20180714185436j:plain

f:id:anbiri:20180714185540j:plain

f:id:anbiri:20180714185629j:plain

f:id:anbiri:20180714185736j:plain

f:id:anbiri:20180714185832j:plain

 f:id:anbiri:20180714190440j:plain

f:id:anbiri:20180714201112j:plain

この雄大な自然にはただただ呆然と眺めてしまうばかりです。

「ああ、地球ってこんなに広いんだ・・・」と。

さすが自然の宝庫アメリカ。ビッグサイズですね。

 

 

4.グランド・キャニオン

1979年、世界遺産に登録されたグランド・キャニオン。深さ1.6km、幅29km、東西の距離約446kmの世界最大級の谷。コロラド高原がコロラド川の侵食作用で数百万年の時をかけて削りだされできた地形である。色鮮やかな12層もの地層、岩の尖塔やビュートがおりなす、まさに悠久の時がつくりだした大自然の芸術。
 

きました!グランド・キャニオン

誰しもが聞いたことはあるはず。グランドサークルの中では一番有名なのではないでしょうか。

その壮大な絶景には圧倒されるばかりです!

f:id:anbiri:20180714203342j:plain

f:id:anbiri:20180714203421j:plain

f:id:anbiri:20180714203456j:plain

f:id:anbiri:20180714203543j:plain

f:id:anbiri:20180714234356j:plain

f:id:anbiri:20180714203621j:plain

f:id:anbiri:20180721201259j:plain

 

ものすごい壮大な光景ですね。

モニュメント・バレーの時、同様、「ああ、地球ってこんなに広いんだ・・・」なんて思いました。

やはりインパクトはとても強く、この時の光景を鮮明に覚えています。

人生観が変わる、は言い過ぎかもしれませんが、本当にそれくらいのインパクトを与えてくれます。自然てすごいですね。

グランド・キャニオン大自然の偉大さを教えてくれます。

本当に素晴らしい!

 

 

5.セドナ

世界中の人々を魅了するパワースポット。個性的な赤い砂岩の岩山に囲まれた場所であり、レッドロック・カントリーと呼ばれることもある。
 

パワースポットとしても知られるセドナ。実際、パワーをもらったかと聞かれると「う~ん」という感じですが、空気は澄んでいて景色もよく、とてもいい場所であることは間違いありません。

癒されますね。

f:id:anbiri:20180714210706j:plain

f:id:anbiri:20180714210730j:plain

f:id:anbiri:20180714212606j:plain

f:id:anbiri:20180714210804j:plain

f:id:anbiri:20180714212645j:plain

 

 小さな街があって飲食店や雑貨店があります。

雑貨店を眺めたり、ハンバーガーを食べたりしました。

小さな街なのでいろいろと見てまわることができます。

 

 

まとめ

グランドサークルアメリカならではの大自然

日本でも美しい自然はありますが、アメリカのド派手な自然もいかがでしょうか。

時間とお金はかかってしまうかもしれませんが見るべき価値は十分にあります!

一生に一度はこの大自然の芸術を、地球の奇跡を見ていたただきたい!

きっと一生の思い出になることでしょう。