世界をかけめぐる。

旅行記を中心に旅や本に関することをつづっています。

台湾旅行の注意点と感想をまとめてみた。

台湾旅行を楽しむポイントや注意点について紹介します。

1. 治安は良好

深夜に出歩きをしましたが、特に身の危険を感じたりはしませんでした。
怪しい人物を目撃したということもありません。
昼に街を出歩いていても、そのようなことはなかったので治安は良好といえます。
ですが、油断は禁物。
犯罪に巻き込まれる可能性はゼロではないので、最低限の注意は払いましょう。

2.暑さに注意

台湾は結構、暑いです。
12月でも平均気温は18℃あります(ちなみに東京は7.6℃)。
日本で寒いからといってかなり防寒をしてくると荷物になりますので、必要最低限にとどめておきましょう。
また、夏は平均気温が30℃近くに。日焼け対策や暑さ対策をしていきましょう。
ミネラルウォーターを常備しておくことをおすすめします。

3.便利なMRT

台湾旅行にMRTは非常に便利なのでよく利用することになると思います。
ちなみにMRTとは地下鉄のこと。
運賃は非常に安いですし、券売機には日本語訳もあるので簡単に購入できます。
日本の路線図のように複雑になっていないので、乗車も乗り換えも簡単。
そんなMRTですが、注意点があります。
それは飲食が禁止なことです。アメ、ガムも禁止。駅構内でも禁止です。
違反者には罰金が科せられることも。
駅の雰囲気は日本と似ていますが、日本と同じ感覚にならないよう注意しましょう。

4.九份の注意点

人気の観光地である九份ですが、気を付けたい点があります。
それは時間と雨。
九份にあるお店は午後8時になると、ほとんどのお店が閉店してしまいます。
なので8時を過ぎると真っ暗。
九份ではお店を回りたければ、8時前に回っておくことをおすすめします。
続いては雨の注意点。
九份は山です。そのため、悪天候が多いとのこと。
事前に雨具を用意しておくことをおすすめします。
その時はカッパがベスト。
なぜなら九份は狭い路地が多く、傘をさすと結構ジャマになります。
また、人もかなり多いため歩きづらくなってしまうことも。
というわけで、カッパがおすすめ。
ちなみに忘れてしまっても入口付近で売っているので、大丈夫です。

5.中国語ができなくてもOK

台湾では中国語ができなくても心配ご無用。
なぜならほとんどの観光地では日本語が通じます。
お土産の物販コーナーでは日本語が飛び交ってます。
ただし、ローカルな場所は通じないと思っていたほうがいいでしょう。
例えば、小さなお店や夜市の屋台など。
その場合でも身振り手振りで伝えれば相手も分かってくれます。

6.チップは必要なし

台湾ではチップは必要ありません。
支払いは日本と同じようにしていれば問題なし。


以上の6点です。
これらの点に気を付けて台湾旅行を大いにエンジョイしましょう!




anbiri.hatenablog.com
anbiri.hatenablog.com
anbiri.hatenablog.com