世界をかけめぐる。

旅行記を中心に旅や本に関することをつづっています。

台湾~一人旅②~

台湾一人旅2日目です。

朝食はホテルのバイキングで食べました。

時刻は8時。

さっそくMRTに乗って行きます。

いざ、龍山寺へ!

台北駅から5分くらい。
近かったです。

そして龍山寺駅を降りてすぐ。

見えました!

f:id:anbiri:20180111221821j:plain

で、中に入ります。

f:id:anbiri:20180111222038j:plain

この門をくぐってさらに中へ。
入口でお線香をもらい先へ進みます。

f:id:anbiri:20180111222243j:plain

龍山寺です。
神々しいです。
パワーを感じます。

僕が行った時はお経(?)のようなものが唱えられていました。
4、5人ではありません。このお寺全体からです。
あれはけっこうすごかったです。
熱心な信者がいるみたいですね。

この龍山寺ではお祈りする順番や作法があるらしいのですが、ガイドブックを見てもよく分かりません。

ですが、安心してください。

日本語が分かるスタッフ(?)がいました。
おじいちゃんとおばあちゃんです。

そのかたに僕は教わりました。

そしてお祈りを終えてお土産のお守りを買い、龍山寺をあとにします。

お次は台北101



台北101駅で降ります。

とことこ歩いているとこんなものがありました。

f:id:anbiri:20180111223732j:plain

なんでしょうか?

まあ、これはおいといて、台北101に行きます。

f:id:anbiri:20180111223929j:plain

f:id:anbiri:20180111224012j:plain

5階でチケットを購入。
僕は自動機で買いました。
日本語対応されてあったので簡単に買えました。

それから10分くらい待ち、高速エレベーターに乗ります。

胸が高鳴る。

そして僕の目の前に広がった光景は・・・



f:id:anbiri:20180112000801j:plain

f:id:anbiri:20180112000840j:plain

NO~~!!
見えねぇ~~!!
なんてこった!!

残念ながらこの日は天気が悪く、まったく見えませんでした💧

晴れていればさぞ絶景が広がっていたことでしょう。

まあ、いいか。
落ち込んでもしょうがないし・・・

とりあえずおみやげのクッキーを購入。

ということで、台北101の展望室をあとにします。


そのあと僕は台北101内にあったディンタイフォンで昼食をとることにしました。

f:id:anbiri:20180112002012j:plain

時刻は11時30分ごろでしたでしょうか。
が、すでに40分待ち。
さすが世界10大レストランに選ばれた名店だけはあります。

f:id:anbiri:20180112002047j:plain

待っているあいだにオーダーを書きました。
受け付けで整理番号とメニュー表、オーダー表をもらいます。

日本語です。
メニューも日本語です。

オーダーをとりにきた男性店員も日本語で聞いてくれました。助かる。

小籠包とチャーハン、それとビールを頼みました。

そして待つこと40分。

僕の整理券番号が呼ばれます。

席につくと女性店員のかたが日本語で食べ方とタレのつくりかたを教えてくれました。

ありがとうございます。

料理はそれほど待たずに来ました。
けっこうはやいです。

f:id:anbiri:20180112003356j:plain

f:id:anbiri:20180112003443j:plain

こちらが有名な小籠包です。

f:id:anbiri:20180112003554j:plain

う、うまいッ!

肉汁があふれ、タレとからみあいます。
それから肉の旨味が口の中にジュッ。

小籠包を食べてビールをグッ。

サイコーで~す!

チャーハンもうまい!

さすが名店。
ごちそうさまです。


僕が出るころには50分待ちになっていました。
すごい・・・

美味しい料理を食べ、満腹幸せ気分。

そのあとは台北101内にあるブランドショップをみてまわったり、おみやげ屋をのぞいたりしました。

そしてパイナップルケーキやお茶などのおみやげを購入。
おみやげを見てたら普通に店員さんに日本語で話しかけられました。
それだけ日本人観光客が多いということなのでしょう。

さようなら、台北101

続いては台北101駅と同じ淡水信義線にある中正記念堂に行って来ました。



こちらが中正記念堂。

f:id:anbiri:20180112113806j:plain

広い。

f:id:anbiri:20180112114001j:plain

デカイ。

f:id:anbiri:20180112114107j:plain

f:id:anbiri:20180112115537j:plain

圧倒的デカさと広さ。
それが中正記念堂です。

本当に圧倒されますよ。

ここで僕はホテルに戻り休憩をとることにしました。

おみやげがおいていきたいのと次の予定をたてるために。

では、2日目後半に続きます。



anbiri.hatenablog.com